読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポピュリストの時代

 民主主義とは良い制度だ。私は少なくともそれだけは認めている。国民のため、国民が指揮をとり、国民の意思が反映される。素晴らしい制度だ。ただひとつ、国民が一枚岩でない事を除いては。

 民主主義、と言うのが近年、よく議論されている。特にエリート知識人やリベラル層の間で。

 彼らがどのような議論をしているかは、彼ら曰く「ブルーカラー層」である私には測りかねるが(私はまだ高校生で、工場勤務の経験はない)、少なくとも彼らがどこか狂気にある事は確信している。

 彼らの議論がどのような結論を得たかは知らぬが、その過程で出てくるキーワードについては理解しているつもりだ。「人権」「平和主義」の二つのキーワードだ。安保法あたりから、彼らは民主主義の議論をこの二つから進めているように思う)。

 民主主義というものを想定読者(リベラル層)とともに考察して行くためには、私自身もこの二つのキーワードから民主主義にアプローチして行くべきだろう。ついでに火種となった、安倍政権からもアプローチをしてみようと思う。

 まず、彼がこの議論を活発化させた最大の要因は、現政権である安倍政権の行動である。曰くに、非民主主義であり、平和主義の冒涜であり、個人的人権を軽視しているそうだ。

 ちなみに、想定読者以外の方々に解説すると、安倍政権が非民主主義的であると非難される最大の理由は、国民の過半数が反対していた(らしい)安保関連法の強行採決である。

 ここまで書いて私は、現政権と民主主義の2点からアプローチすることを決意し、平和主義や人権というアプローチは一旦置いておこうと思う。考えてみれば、それら二つは民主主義の側面でしかないのだ。民主主義の本質は、国民と為政者の関係にある。

さて、 安倍政権が非民主主義的ではない、と言う主張はもっとも危険な主張であると私は考える。これは安倍政権が正義の政権であるから、と言う理由ではなくもっと本質的な問題からだ。民主主義ってなんだ? のアンサーだ。

 少なくとも日本の民主主義によって選ばれるのは、政策でも、傀儡でもなく為政者である。為政者、と言うのは常に国民の利益を求める存在であって、国民にこうべを垂れ、国民の指示に従う存在ではない。マニュフェスト(政策)というのは、あくまで為政者のカラーを示すための印でしかない。

 何が言いたいかというと、少なくとも安倍政権は民主主義的に選ばれた為政者であり、その時点で民主主義的な存在であるということだ。

 ここで私の想定読者は反論したくなっただろう。

「選挙で選ばれれば何をしても良いというわけではない。そんなのナチスのやり方だ」とね。

 残念だが、こうした反論を抱いた時点で、私の想定読者はリベラルからポピュリストに格下げせざるえない。

 為政者側の判断と、国民の判断が対立することは当然ある。特に税制を例に挙げるとわかりやすいだろう。有権者にこうべを垂れるだけの為政者は、税を取らず、社会保障を充実させ、国庫を空にするかもしれない。しかし、その行為は正しくない。

 民主主義はポピュリストを生み出すことに長けているし、表面的に見れば「大衆にこうべを垂れる」ことが「民主主義的」に思えるかもしれない。

 しかし、民主主義とは為政者の暴走を抑えるための保険でしかないことを忘れてはならない。王権神授説を根拠に圧政を敷いたり、革命を根拠に敵対勢力をギロチン送りにすることがないようにするための保険でしかないのだ。

 つまり、国民が反対することを押し切ることは、決して非民主主義的であるわけではないのだ。為政者が誤りであれば、国民は民主主義の保険を利用して為政者を排除すれば良い。それすら無視して為政者の椅子に座り続けたならば、ようやく「非民主主義的」と言えるだろう。

 しかし、ヒトラー政権の誕生から学べるように民主主義的だからといって正しいとは限らない。

 だからこそ、私は民主主義を信仰するなと警告するのだ。「民主主義的に選ばれた為政者」というのは、正義を約束するお墨付ではない。私たちは常に為政者の行動と国家の全体を分析し、合理的な判断のもとで投票しなくてはならない。

 そして、ここでこそ私が一番上で述べた「国民が一枚岩ではない」という弱点が現れてくる。だが、その説明をする前に少し、私とイメージを共有してほしい。

 民主主義を為政者の首を乗せたギロチンだと思ってほしいのだ。為政者は民主主義の決定に基づいて処刑、あるいは解放される。

 このイメージを共有できたら、「国民が一枚岩ではない」という弱点が分かりやすくなるだろう。

 国民が一枚岩であれば、全体を俯瞰した判断を下せる為政者を選択できる。もし、その為政者が自らの立場を悪くする存在であっても。

 しかし、国民は一枚岩ではない。自分に都合の良い為政者を望む。マニュフェストはもはや、自らの冷静さと判断能力をアピールするものではなく、自分に投票するであろう人間へのセールスに使われている。つまり、為政者は一部のために全部を動かす存在になったのだ。本来は全部のために一部を動かす存在であるにも関わらず。つまり、ポピュリストの時代ということだ。

 そして、ポピュリストの時代とは、表面的な民主主義の時代と同義である事は、このブログを読んでくれた方々なら理解できるだろう。

 民主主義はこれからも表面的になってゆき、形骸化して行く。そしてその究極的な形がヒトラーであることを私たちは忘れてはならない。